FC2ブログ

「竹に対する考え方」-2

竹の有効活用を目指して、日夜奮闘しているグル-プは全国各地に数多くあります。

以前から伝統を引き継いで、竹で生計をたてている「竹細工の職人さん」や、NP0組織にしてボランティアを主体に活動をしたり、会社組織にして事業化している団体等、それぞれが試行錯誤しながら、智恵を出し合って懸命に頑張っております。

一方、公共事業等で伐採された竹は「産業廃棄物」として多額の費用をかけて処分されているのも事実です。

ボランティアだけでは、長期間にわたっての継続は厳しいものがあります。

今こそ、行政や大学そして企業等、が本気で取り組む必要性を強く感じます。

「エコ」や「資源」と言う言葉が注目を浴びながら、決定打が見えてこないのは何故だろう(つづく)

バンブ-研

コメント

非公開コメント