FC2ブログ

¥100ショップ

¥100ショップ、 特にD社の大型店舗にはよく立ち寄ります。
特にナニかを買うということもないのですが。

¥100でよく創れるな~ とコストパフォーマンスにも感心しますが、
より興味があるのは、そのアイディア - 機能性と面白さ です。

製品に付いている説明書・注意書き を見ても、徹底的に “ ユーザー視点 ” に立って “ 生活シーン ” をイメージして製品開発していることが分かります。

“ 民芸品 工芸品 ” は、お土産物、飾り物 としてとらえられがちですが、
元来、生きた時間 <生活> から生まれた “ 優れた プロダクト デザイン ” であったはずです。

生産システム、素材、ライフスタイル等の時代の違いはあれど、
¥100ショップ商品 と 民芸品 工芸品 の根底にある デザイン の意味は同じではないか、と勝手に連想してしまいます。

“ 現代に生かす ” の製品には、不可欠なポイントじゃないかなと。


Bamboo Works @ ¥100Shop


コメント

非公開コメント