FC2ブログ

リアル エコ

首都圏では、「計画停電」なるものが予定されていますが、
「やる!」→「やるつもりです。」→「なるでしょう・・・」と予定が未定の計画でかえって混乱を招きました。

交通機関も混乱しており、ガソリンも入手難であることから自転車を利用する人が激増しています。
懐中電灯・電池も店頭から消え、ガソリンスタンドには車列ができています。
また、「えっ!こんなにモノが必要なの!?」と思うほど大きな買い物袋を抱えている人も見かけます。

このような有事でこそ 「リアル エコ」 を一人ひとりが考える時と感じます。


テレビのインタビューに答えて
「懐中電灯が売り切れていたので、豆電球と電線を使って自分で作ります。」
とおっしゃっていた女性の言葉が新鮮に感じました。


“ 答え・解決策は意外に身近にある。ただ、気付くには遠回りすることが多い。”
私たちが に注目した原点もここにあります。


Bamboo Works@東京

コメント

No title

東日本大地震や福島原発など、被害にあわれた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
困難を乗り越え、再建の道を歩む事を期待します。
ただ、ガソリン不足、電池は勿論のこと、風評被害も大きいです。
いわき市も当然のことと思いますが、伊豆の観光地も、地震を警戒して、旅館も殆どキャンセルが多く、休業のところも多い現況です。
一日も早く、元気な日本に向け、政治の力に期待したいですが??

2011年03月21日 15:50 from 城山の番人URL

Re: No title

城山の番人 様
コメントありがとうございます。

東京も繁華街は開店休業状態が多いようです。
災害の後は心理的冷え込み・風評被害が発生しますが、無事だったところは元気で明るいことが被災された方々へのエールになると思うのですが・・・。

> 一日も早く、元気な日本に向け、政治の力に期待したいですが??

昨今の政治家の発言・主張には必ずと言っていいほど 「民意が・・・」「国民の声が・・・」「国民生活が・・・」の枕詞がついています。
それを信じたいと思います。

平時の After you, 有事の Follow me

2011年03月21日 17:28 from C.S.P.@東京URL Edit

非公開コメント