プロジェクトについて

設立趣旨

竹林再生プロジェクトは、福島県いわき市を拠点にして荒廃した竹林の再生を通じて地域社会への貢献を目指すプロジェクトです。現在、全国各地で「荒廃竹林」が問題になっており、各地域でもその解決のために自治体や各種の団体が懸命に取り組んでいます。いわき市もその例にもれず各地で「荒廃竹林」が問題化し、一部地域ではがけ崩れなど生活道路を直撃するなどの危険を感じています。特に震災後は「竹の子」の出荷制限により、今後益々「荒廃竹林」が増えてくるのではと思われます。この問題は竹林所有者とボランティアでの「竹林整備」だけでは解決が非常に厳しい状況であることも事実です。当プロジェクトでは、竹の伐採活動と竹の利用の2本柱でその問題を解決します。

「竹の伐採活動」と「竹の利用」

具体的な活動として、「竹の伐採活動」と「竹の利用」を活動の2本柱として活動しています。

「竹の伐採活動」については、いわき市内外の民有竹林と、いわき市小川町の夏井川河川敷にある竹林にて、それぞれ活動許認可を受けて伐採活動を行っています。また、体験学習イベントとしての伐採も行います。

「竹の利用」については、伐採した竹素材を使った製品の製造・販売や、竹素材の提供、それらを利用したイベント・講座の企画・運営を行っています。
こちらの詳しい内容についてはこちらへ →これまでの活動

運営メンバーと活動日について

現在、役員のほかボランティアの方々のご協力をいただき活動しています。活動に関心のある方、参加ご希望の方はお気軽にご連絡ください。→ 参加者募集のページ

主に毎週水曜日を活動日として活動しており、イベントや講座については土・日・祭日に開催しています。

プロジェクト概要

プロジェクト名 特定非営利活動法人竹林再生プロジェクト
代表者 藤島 賢三
発足年月 平成21年9月28日
主な事業内容 竹林を整備し伐採した竹を有効活用して、製品の開発・企画・製造、イベント企画等
活動メンバー 役員、ボランティアスタッフ 各数名
活動日 おもに水曜日、イベント開催については土日祭日
定款 特定非営利活動法人竹林再生プロジェクト定款